中古バイクを修理して売るのは無駄

修理が必要な中古バイクを少しでも高額で買取ってもらおうと思うあまり、自分で修理をしようとしたり、自分では手に負えない修理箇所を業者に出して修理してもらわないといけないと考える人は少なくありません。

結論から言えば、修理が必要な中古バイクを自力で修理してから売却の手続きを取るのはおすすめしません。

また、業者で修理依頼をして、修理した後の中古バイクを買取りしてもらうのもムダ足になる可能性が高いです。

自分で修理をするといっても、中古バイクですからパーツが揃わなかったり、時間やお金がかかりすぎて、買取り額が大きく跳ね上がるわけでもないので、無駄になってしまいます。

修理やメンテナンスに不慣れな人が無茶な修理を行うことで、ボディに傷をつけたり、かえって状態が悪くなってしまうリスクもあります。

業者へ以来して修理をすると、かなりのコストがかかります。

買取業者の多くは自社工場や提携のある修理工場を持っていて、技術者がプロの修理を行います。

コストを抑えて売れる状態に持っていきます。

そして買取りの際には、そのあたりのことも考慮した金額で買取りを行います。

プロでもないかぎりは、業者に依頼した修理費がカバーできほど、買取金額に大きな違いはありません。

パーツの交換や修理費用は結局はオーナーが持ち出しを行います。

そこまでしたところで、その分のコストを買取り時にカバーしてくれることはありません。

傷などの修理は自分で行う必要のないものと覚えておくといいでしょう。

Comments are closed.